Yahoo!辞書

kotobank > アイボリーとは

 

アイボリー 【アイボリー】

  • 4件の用語解説(アイボリーで検索)

色名がわかる辞典の解説

アイボリー【ivory
 
色名の一つ。アイヴォリーとも表記する。JIS色彩規格では「みのうすい灰色」としている。一般に、やや灰色みを帯びた黄色のこと。もとは象牙ぞうげ意味し、象牙色とも訳される。高級イメージのある色で、壁紙カーテンソファベッドなど室内装飾家具に多く用いられる。またアイボリー板紙というと招待状やメニューなどに使われる厚手の高級紙をさす。象牙そのものはワシントン条約により輸出入取引禁止されている。


(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アイボリー【ivory
 
象牙(ぞうげ)。
象牙色。アイボリー-ホワイト。
光沢のある淡いクリーム色の厚手の洋紙。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイボリー
ivory

(1) 象牙または象牙色のこと。 (2) アイボリーペーパー ivory paperの略。さらし化学パルプ原料とし,高度仕上げを施した半透明のブリストル紙。絵はがき,招待状,カード類に使用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイボリー 【ivory
 
象牙(ぞうげ)。また、象牙色。
厚くて光沢のある象牙色の洋紙。アイボリー板紙。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアイボリーの言及

【プロクター・アンド・ギャンブル[会社]】より
…品質の良さで評判となり,また南北戦争のときに南軍から大量注文を受け会社の基礎が固まった。その後79年に発売したセッケン〈アイボリーIvory〉がベストセラーとなり今日でも売られている。また合成洗剤についても1932年ドイツから特許を買い業務用製品を販売し,46年には家庭用合成洗剤〈タイドTide〉を発売して爆発的な人気を得た。…
※「アイボリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイボリーに近い言葉→アイボリー紙|アイボリースノー|ウルトラアイボリーリキッド|エボニー・アンド・アイボリー|アイボリーブラック|アイボリーペーパー|アイボリーリキッド クラシックセント|アイボリーリキッド ジェントルラベンダー|セイボリー|肉合彫

アイボリーの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「アイボリー」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ