Yahoo!辞書

kotobank > 二重橋とは

 

二重橋 【にじゅうばし】

  • 4件の用語解説(二重橋で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうばし【二重橋】 

皇居内の旧西丸地区にある正門鉄橋別称。皇居正門前の石橋(俗称めがね橋)を渡り,右折してまもなく,新宮殿の中門前の濠に架かっている。江戸時代には現在の皇居正門を西丸大手門,その前の橋を西丸大手橋と称したのに対し,西丸下乗門の手前位置した関係西丸下乗橋と呼ばれた。その名のとおり,登城大名等はこの橋の辺で馬や駕籠から降りる規則になっていた。この橋は深く切り込んだ台地両端にかけられているため,工法上,台地の途中橋桁構築し,その上にさらに橋を組むという二段造りの構造になっており,そのため俗に二重橋と呼ばれた。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

にじゅう‐ばし 〔ニヂユウ‐〕 【二重橋】
 
皇居正門の堀にかかる鉄製の橋の俗称。江戸時代は木橋で、堀が深いため上下二重に橋桁(はしげた)を組んだところからよばれたもの。
◆一般に、皇居前広場から見える二重アーチ構造の石橋を「二重橋」とする誤解が多いが、これは「正門石橋」であり、二重橋はその奥にある。
インタレストマッチ - 広告の掲載について

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

百科事典マイペディアの解説

二重橋 【にじゅうばし】

東京都千代田区,皇居内の橋。皇居前広場から石橋を渡り,正門をくぐったところにある鉄橋で,江戸時代,木橋を架設する際,地勢技術上の制約から橋げたを2段造りにしたためこの名がある。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

にじゅうばし【二重橋】
 
皇居の正門付近にある橋の通称。正門の内外に一の橋(石橋)と二の橋(鉄橋)がある。二の橋はもと木橋で,橋上に橋を重ねた構造だったので二重橋の名が起きたといわれる。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二重橋に近い言葉→佐賀県伊万里市南波多町重橋|二重織り・二重織|二重取り・二重取|二重染め・二重染|羽二重餅・羽二重餠|二重|二重焼き付け・二重焼付け|二重奏|二重織|二重まぶた(二重瞼)

二重橋の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「二重橋」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ