Yahoo!辞書

kotobank > 宴とは

 

【エン】

  • 5件の用語解説(宴で検索)

デジタル大辞泉の解説

えん 【宴】
 
常用漢字] [音]エン(呉)(漢) [訓]うたげ
酒盛り。うたげ。「宴会宴席賀宴饗宴(きょうえん)酒宴祝宴小宴招宴盛宴
楽しむ。くつろぐ。「宴居」
[名のり]もり・やす・よし

うたげ 【宴/×讌】
 
酒宴宴会。さかもり。「うちあげ(打ち上げ)」の音変化とも、歌酒の意ともいう。

えん 【宴】
 
飲食歌舞などをして、遊び楽しむこと。宴会。うたげ。「―を張る」

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うたげ【宴】
 
〔「打ち上げ」の転〕
宴会・酒宴の雅語的表現。 「 -の蓆(むしろ)」


えん【宴】
 
酒食を共にして,楽しむこと。また,その会。うたげ。 「 -を設ける」 「 -を張る」


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【宴会】より
…世界の諸民族の会には共通した点がいくつかある。会((うたげ))が周期的に訪れる祭りの一環として行われ,そこに厳粛と狂騒,競争,浪費,贈与などをともなった非日常的な世界が展開されている。…
【拍手】より
…神道では神拝作法で,ひらで(開手,平手),やひらで(八開手),てうち,かしわでともいう。折口信夫によると,平安期の大饗(おおあえ)と名付けられた饗には正客が正席につくと,列座の衆が拍手するのが本式で,(うたげ)とは〈うちあげ(拍ち上げ)〉で礼拝を意味したが,時代を経るにしたがって饗全体をあらわし,ついには酒をさすようになり,これが饗の主要部を構成すると考えられるようになったという。柏手(かしわで)手打【藤井 正雄】。…
※「」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宴に近い言葉→塗仏の宴/宴の始末|塗仏の宴/宴の支度

宴の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「宴」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月23日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ