Yahoo!辞書

kotobank > 御物石器とは

 

御物石器 【ぎょぶつせっき】

  • 3件の用語解説(御物石器で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょぶつせっき【御物石器】 

中央からややかたよったところに大きなくびれ部のある,長さ20~40cmの長大磨製石器形態文様から〈枕石〉〈猪頭形石棒〉とも呼ばれたが,明治時代皇室献上され〈帝室御物〉になったことから,この名称が用いられるようになった。安山岩砂岩黒色粘板岩を敲打したうえで,磨いて作っているが,磨き不十分なものも多い。側面に三叉状連結文やそれに組み合う渦巻文,E字状文などを描くもの,前者の文様を単独で用いたものや,文様の無いものなどがある。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごもつせっき【御物石器】
 
岐阜県周辺に出土する縄文時代の磨製石器。長さ30センチメートル,舟形の中央にへこみのある特異な形状で,用途は不明。名称は,同種のものが皇室の御物になったことに由来する。ぎょぶつせっき。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御物石器
ぎょぶつせっき

縄文時代の磨製石器。ごもつせっきともいう。宮中に献上されたため,この名がある。太い棒状をなし,中央よりやや片方寄りにくびれた部分があり細くなっていて,全体は鉈のような形をしており,文様が施されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御物石器に近い言葉→御物|御物・御膳・御飯|剥片石器・剝片石器|御物蒔絵|日の御物|御物拵へ|大床子の御物|御物上がり|生物石灰砂岩|生物石灰礫岩

御物石器の関連情報

ショッピング検索

「御物石器」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月30日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ