Yahoo!辞書

kotobank > 煽りとは

 

煽り 【アオリ】

  • 2件の用語解説(煽りで検索)

デジタル大辞泉の解説

あおり 〔あふり〕 【×煽り】
 
あおること。また、強い風にあおられて起こる動揺衝撃。「突風の―で塀が倒れた」
ある物事に強く働く勢い。また、その及ぼす影響余勢。「ストの―で客足が伸びない」
そそのかしたりおだてたりして、ある行為を起こさせること。「周りの―に乗る」
カメラで、レンズ光軸フィルム面(デジタルカメラではイメージセンサー)との角度を変えること。像の歪み補正や遠近感の調整に用いられる。PCレンズという専用特殊レンズもある。
歌舞伎劇場などで、木戸番が扇を開いて客を呼び立て招くこと。
前を走る車両に、進路を譲るよう強要するため、極端車間距離を詰めた運転
煽り返し」の略。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あおり【煽り】
 
〔「あおる(煽)」の連用形から〕
強い風に物が動くこと。 「爆風の-を食らって倒れた」
ある出来事が他に及ぼす影響。 「不況の-で倒産した」
他人をある行動を起こすように仕向けること。扇動。
カメラで,レンズの光軸と焦点面との角度を変えること。また,その装置。
割り竹にうちわをつけた古い農具。穀粒を徐々に落としつつこれであおり,選別をした。
煽り返し 」に同じ。
近世,芝居小屋の前で木戸番が客を呼び込むこと。招き。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煽りに近い言葉→煽り立てる|煽り付ける|煽り窓|煽り足|煽り返し|煽り止め|煽り買い|煽りを食う

煽りの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「煽り」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ