Yahoo!辞書

kotobank > 管理職とは

 

管理職 【かんりしょく】

  • 4件の用語解説(管理職で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんりしょく【管理職】 

管理職とは,広義には,企業やその他の組織体において,組織構造上のフォーマルな長として,もっぱら管理という職能を遂行する人々(管理者)の職能上の職位総称である。〈管理〉を共通の目標を実現するために協働する集団活動解釈すれば,管理職は時代社会体制にかかわりなく,普遍的に存在するといえる。単純な組織状況では,管理は社会流布している慣習的,伝統的な行動様式にもとづいて無意識に行われてきた。しかし,組織体が成長し複雑化するにつれ,またそれを取りまくさまざまな環境的諸条件が複雑に絡みあうにつれ,組織体そのものに水平的および垂直的な機能分化の要請が強く現れてくる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

労働基準法が定める「監督もしくは管理の地位にある者」の一般的な呼び名。労働時間休憩休日規制対象外とされ、残業代を支払わなくてもよいとされる。範囲については、労働基準局長通達などで「労務管理などについて経営者と一体的な立場にある者の意味だが、職務職責勤務態様待遇などの実態に応じて判断すべきだ」とされ、一般の労働者との線引きのあいまいさが残っている。
( 2008-03-23 朝日新聞 朝刊 1社会 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんりしょく【管理職】
 
管理・監督の任にある職種。また,その任にある人。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんり‐しょく 〔クワンリ‐〕 【管理職】
 
官公庁・企業・学校などで、管理または監督の任にある職。また、その任にある人。→名ばかり管理職管理監督者

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の管理職の言及

【経営・経営管理】より
…このような実態は,基本的には第2次大戦後の1950年代の技術革新期まで維持された。
【ホワイトカラー管理職の実態】
 ホワイトカラー,広い意味での管理職・管理補助職の技能養成は,ブルーカラーの場合以上に個人的・経験主義的要素が支配的であった。第2次大戦前には大企業でも大卒・高専卒は絶対少数であり,彼らは経営幹部候補生としてブルーカラーの養成工以上に終身雇用の対象となった。…
※「管理職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

管理職に近い言葉→名許り管理職|中間管理職|名ばかり管理職|管理職組合|修理職|総括整理職|管理理容師|管理|色管理|管理人

管理職の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「管理職」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月03日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ