Yahoo!辞書

kotobank > 自己資本とは

 

自己資本 【じこしほん】

  • 8件の用語解説(自己資本で検索)

株式公開用語辞典の解説

狭義において、株主資本同義である。自己資本は、貸借対照表における貸方項目を構成する要素のひとつで、貸方項目は、他人資本と自己資本に分けられる。自己資本は、他人資本とは異なって、株主資本など中核となる自己資本がそうであるように、返済義務がなく、また確実性があるものである。経営の安定性上、自己資本の充実は、株主等の出資者に対して信認を確保するために、非常に重要である。近年は、高度金融技術を使うなど、自己資本の要件を満たした新しい自己資本が創出され、これらの自己資本に占める比率上昇している。日本においては、自己資本は、本来確実性があるものでなければならないが、税効果資本などそうではない自己資本が、占める比率が上昇しており、懸念事項となっている。BIS規制の定義による自己資本は、商法の計算書類規則である「資本の部」に、保有する株式含み益の一定割合などを加えたものをいう。詳細は、資本金・法定準備金利益剰余金などの「基本的項目」(Tier1)と、有価証券含み益の45%・不動産含み益の45%・貸倒引当金劣後ローンなどの「補完的項目」(Tier2)を加えたものの総称をいう。銀行は、平成16年から、自己資本比率規制上、時価評価した対象株式の保有総量(評価損が生じている場合には、これを控除)について、基本的項目(Tier1)を超える株式を保有できなくなる。このことは、現在、銀行が持ち合い株式の売却を急いでいる理由ともなっている。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じこしほん【自己資本 Eigenkapital[ドイツ]】 

従来の一般的な用語法としては,企業投下されている総資本のうち,貸借対照表資本の部に記載される純資産額(=資産総額負債総額)に相当する部分をいう。これに対して,総資本のうちのそれ以外の部分,すなわち負債総額に相当する部分は,他人資本Fremdkapitalと称される。こうした用語法は,つぎのような考え方に由来する。すなわち,企業がさまざまな源泉から調達しかつさまざまな形態運用している資金を,その調達源泉の局面からみて〈総資本〉または単に〈資本〉(広義)ととらえるとともに,その運用形態の局面からみて〈総資産〉または単に〈資産〉ととらえたうえで,その資本(広義)については,さらに,これを事業主ないし株主という資本主の観点からみて,資本主みずからが拠出した部分もしくは資本主みずからに帰属するとみなされる部分を〈自己資本〉と称し,それ以外の部分は他人が拠出した部分もしくは他人に帰属するとみなされる部分であるから,これを〈他人資本〉と称する,という考え方である。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

自己資本とは、貸借対照表の純資産(資本)の部を指し、企業の元々の出資額である資本金や経営活動によって生まれた剰余金からなる。これらは、企業が調達したすべての資本のうち、自分で調達した部分という意味で自己資本とよばれる。また、それらは株主の持ち分であることから株主資本ともよばれ、さらに企業の総資産のうちで負債によらない部分という意味で純資産とよばれる。資本の部、自己資本、株主資本、純資産は、すべて同額となる。


Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じこ‐しほん 【自己資本】
 
企業の総資本のうち、株主などから調達した資本金と、経営活動の結果得られた剰余金とを合計したもの。株主資本。⇔他人資本
平成18年(2006)施行会社法では、「株主資本」(資本金・資本剰余金利益剰余金自己株式など)と「評価・換算差額等」(その他有価証券評価差額金・繰越ヘッジ損益土地再評価差額金など)を合計したものが自己資本とされる。「株主持分」と呼ばれる場合もある。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じこしほん【自己資本】
 
企業が自社内部で調達した資本。内部資本。元入資本。 → 他人資本


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己資本
じこしほん
owner's capital

企業の資金調達を分類する概念で,他人資本と対をなす。出資者から調達した資本金と,内部留保 (剰余金) から成る。借入金社債などの外部資本と違い,返済の義務はない。一方,資本金も外部から調達したものであるとの見地から,これを他人資本とともに外部資金とし,内部留保のみを内部資金として分類する方法もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金融機関が持つ返済の必要がない資金。株主の出資金やもうけを積み上げた剰余金が中心になる。資産が焦げ付いて損が出た場合、穴埋めに充てる「最後備え」になる。健全性の目安として、焦げ付き危険のある資産に対する「自己資本比率」を見るときには、返済順位の低い借入金や保有株の含み益なども計算に入れている。
( 2009-06-19 朝日新聞 朝刊 1経済 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

自己資本 【じこしほん】

企業の資本のうち出資者によって所有される資本部分。株主資本とも。会計的には,貸借対照表上の資産と負債の差額(純資産)であり,持分的には資本主または株主に帰属する。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の自己資本の言及

【株式会社】より
… 現在の日本においては,他の先進資本主義諸国に比べて,大企業における経営者支配の傾向が顕著に強いと指摘する見解もある。その原因としては,諸外国では,機関投資家が大株主として存在し,機関投資家は利益配当と株価の値上がりを期待しているので,そうした大株主の期待に反した経営者はTOB(株式公開買付け)等により経営者としての地位を追われる危険にさらされているため,株主の利益を最優先に考えざるをえないのに対して,日本の大株主はおもに取引先である事業法人・金融機関であるため,大株主は取引の機会さえ確保できれば配当・株価に関しては無関心であり,むしろ大会社の経営者は株式安定工作と呼ばれる株式相互保有を通じて互いに地位を保障しあっているため,株主の利益を代表する立場の強力な者がいないこと,経営者と従業員が一体という日本的経営の理念からいくと株主は会社内ではよそ者であって力が弱いこと,あるいは自己資本比率が低いため金融機関の力に比べて株主の力が弱いこと,等があげられている。(3)株主の利益を守るための法制度 経営者支配のもとにある大規模な株式会社では,大衆投資家である株主の利益が適切に守られないおそれがある。…
【資本】より
…この意味の資本は従来,別のことばでもさまざまに呼称されてきた。たとえば純資産(資産負債との差額という意味),正味財産(資産としての積極財産と,負債としての消極財産との差額という意味),自己資本(資本主みずからが拠出し,みずからに帰属する資本という意味。これに対し負債を他人資本といい,両者を合わせて総資本とし,総資産に対比させる),資本主持分(資本提供者の一人としての資本主にかかわる持分という意味。…
※「自己資本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自己資本に近い言葉→自己資本と銀行の自己資本比率規制|中核的自己資本(コアティア1)|中核自己資本|自己資本比率|自己資本利益率|BIS 基準自己資本|BIS 基準自己資本比率|自己資本比率規制|中核的自己資本|修正自己資本比率

自己資本の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「自己資本」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月22日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ