コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

gape

1件 の用語解説(gapeの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

gape

/éip/
[動](自)
1 (驚いたりして)(…を)口をぽかんとあけて見る((at ...));大口をあける;((古風))あくびをする.
2I[0]/II[形]]〈貝・傷口・地面などが〉ぱくりと口を開く, 大きく裂ける
  • Holes gaped open in the streets after the earthquake.
    地震のあと道路に穴がいくつも開いた.
━━[名]
1 大きい穴, 裂け目.
2 口を大きくあけること, ぼう然としていること.
3 《動物》開いた口の広さ.
4 渇望.
5 ((the ~s))((単数扱い))あくび
  • have [get] the gapes
    しきりにあくびする.
[スカンジナビア語. 古アイスランド語gapa(口を大きく開く)]
gáp・ing
[形]
gáp・ing・ly
[副]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:國廣哲彌、安井稔、堀内克明
編集委員:池上嘉彦、大沼雅彦、米須興文
編集顧問:小西友七
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone