コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

irony

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

*i・ro・ny1

/áirni/
[名](複-nies)
1 反語, 皮肉(の言葉), 当てこすり. ⇒SARCASM, SATIRE
  • with heavy irony
    皮肉たっぷりに.
2 《文学》アイロニー;《修辞学》反語法:事実と逆の表現を用いて事実をいっそう印象づける表現;例:ばかな奴だと思いながら, John is a real genius. と言う.
3 [U]ソクラテス的アイロニー(Socratic irony).
4 予期に反する結末, 意外[皮肉]な成り行き.
5 《演劇》=dramatic irony.
[ギリシャ語eirōneía (eírōne心に思うことを率直に言わない人+-Y3)]

i・ron・y2

/áirni/
[形]鉄(製)の, 鉄を含む;鉄のような
  • irony sands [chains]
    砂鉄の多い砂[鉄製の鎖].

出典|小学館 プログレッシブ英和中辞典(第4版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android