コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

remembrance

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

re・mem・brance

/rimémbrns/
[名][U]
1 ((形式))(…についての)心に刻まれた印象, 記憶, 思い出((of ..., that節));(…を)思い出す[追想する]こと, 回想, 思い出される[された]こと, 追憶事((of ...))
  • to the best of [within] my remembrance
    記憶する[知る]かぎりでは
  • bring back one's remembrance of the event
    その出来事の記憶を呼び起こす
  • call [bring] an event to remembrance
    ある出来事を思い出す
  • have no remembrance of ...
    …をまったく覚えていない
  • keep [have, hold, bear] a person's name in remembrance
    人の名を覚えている.
2 記憶[回想]力
  • My remembrance is weak [poor].
    どうも物覚えがよくないのです.
3 [U][C]((形式))(…を)思い出させるもの, 記念品, 記念碑, 形見((of ...));記念;[C](愛情・友情のしるしとしての)贈り物, 進物
  • in remembrance of the day
    その日を記念して.
4 ((~s))(…によろしくとの)あいさつ, 伝言((to ...)).

出典|小学館 プログレッシブ英和中辞典(第4版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android