コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

roast

1件 の用語解説(roastの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

*roast

/róust/
[動](他)
1 〈肉などを〉(オーブンまたはくしに刺してじか火で)焼く, あぶる. ⇒BURN1[類語]
  • roast meat on a spit
    くしに刺して肉を焼く.
2III[名]/V[名][形]]〈コーヒー豆・ナッツなどを〉いる, ほうじる;〈イモ・クリなどを〉(熱灰・おきなどに埋めたり, じか火で)焼く
  • roast beans brown
    豆をこんがりいる.
3 (一般に)…を強く熱する
  • the roof roasted in the summer sun
    夏の太陽を浴びて焼けつくような熱い屋根.
4 《冶金》〈鉱石を〉焙焼ばいしょうする:酸化させるため空気にさらして加熱する.
5 …を(火にあてて)あぶる, 暖める.
6 ((略式))…を酷評する;…を容赦なくからかう, 非難する
  • roast alive
    ひどく叱る.
━━(自)
1 〈肉が〉焼ける, 〈豆などが〉いられる.
2 火であぶられるように暑い.
━━[名]
1 [U][C]焼き肉(の一片), (特に)ローストビーフ;焼き肉用の肉(の一片).
2 焼いた[あぶった]物;焼く[あぶる]こと.
3 ((略式))酷評;容赦のないからかい.
4 ((米略式))食べ物をじか火で焼いて食べるピクニック[野外パーティー].
━━[形]焼いた, あぶった, いった
  • roast chicken
    ローストチキン.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:國廣哲彌、安井稔、堀内克明
編集委員:池上嘉彦、大沼雅彦、米須興文
編集顧問:小西友七
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone