コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

snarl

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

snarl1

/snrl/
[動](自)〈犬などが〉(…に)歯をむき出してうなる((at ...));〈人が〉(…に)がみがみ言う, どなる((at, against ...)).
━━(他)
1 …をとげとげしく言う, どなって…を表す((out))
  • snarl out a threat
    どなって脅す.
2 …にどなる
  • The dog snarled away the intruders.
    犬は侵入者たちを追っぱらった.
━━[名]うなること, がみがみ言うこと;うなり声, がみがみ声, きびしい言葉.
[低地ドイツ語. 原義は「(犬のように)歯をむき出す」. △SNORT, SNEER
snarl・er
[名]
snarl・ing
[名][形]
snarl・ing・ly
[副]
snarl・y
[形]

snarl2

/snrl/
[名]
1 (糸・髪などの)もつれ.
2 木の節.
3 ((通例a ~))紛糾, 混乱
  • a traffic snarl
    交通麻痺まひ, 交通渋滞
  • run into snarls
    混乱[紛糾]に巻き込まれる.
━━[動](他)
1 〈糸・髪などを〉もつれさせる.
2 ((通例受身))〈人・事を〉混乱させる((up))
  • Traffic was snarled (up) near the scene of the accident.
    事故現場近くでは交通が混乱していた.
━━(自)もつれる;混乱する.
snarl・y
[形]

出典|小学館 プログレッシブ英和中辞典(第4版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android