コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

toll

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

*toll2

/tóul/
[名]
1 使用料[税](道路通行料・渡橋料など);運賃;サービス料[税];((米))長距離電話料.
2 ((ふつう単数形))犠牲, 代償;損失, 損害, 被害;死傷者数
  • the death toll from the earthquake
    地震による死亡者数.
3 (もと英国で)使用料[税]徴収権.
4 ((方言))粉屋のひき賃(として取る穀物の一部).
take its [a (heavy)] toll on [of] ...
…の一部を取る, をすり減らせる;損失をもたらす;(多くの)人命を奪う.
━━[動](他)(自)(物を)使用料[税]として徴収する;(人に)使用料[税]を課す.
[後ラテン語←ギリシャ語telneion(関税)]

toll1

/tóul/
[動](他)〈晩鐘・弔鐘などを〉(長い間をおいて)鳴らす, つく, 〈鐘・時計が〉〈時刻を〉打つ, 報じる((out));〈会合の始まり・人の死・災害などを〉鐘を鳴らして知らせる;〈人を〉鐘を鳴らして呼び集める[散会させる]((in, out))
  • toll the bell at a person's death [=for a person]
    人の死に際して鐘を鳴らす.
━━(自)〈鐘などが〉(規則的にゆっくり)鳴る;〈人が〉鐘を鳴らす;(…を)鐘で知らせる((for ...))
  • toll for the meeting
    鐘で会合を招集する.
━━[名]((単数形))鐘を鳴らす[つく]こと;鐘の一鳴らし[一つき];鐘の音.

toll3

/tóul/
[動](他)((方言))〈獲物を〉おびき寄せる, 誘い出す;((米))〈人を〉誘惑する, そそのかす((on)).

出典|小学館 プログレッシブ英和中辞典(第4版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android