peut-être

プログレッシブ 仏和辞典 第2版の解説

peut-être /pøtεtr プテトル/

[副]

➊ …かもしれない,もしかしたら,たぶん.文頭に置かれると,主語と動詞を倒置することが多い.

C'est peut-être vrai.|それは本当かもしれない

《Vous viendrez? ―Peut-être [Peut-être pas]》|「あなた(方)はいらっしゃいますか」「たぶん[おそらく駄目です]」

Peut-être avons-nous des points communs.|私たちは共通点があるかもしれない.

peut-être ..., mais ...|…だろうが,しかし….

Il n'est peut-être pas intelligent, mais il est consciencieux.|彼は頭はよくないかもしれないがまじめだ.

peut-être bien きっと,恐らく.

➌ 〈Peut-être (bien) que+直説法〉たぶん…だろう.主語と動詞は倒置しない.

Peut-être que je ne pourrai pas venir.|たぶん私は行けません.

➍ ⸨数形容詞を伴って⸩ 約…,およそ….

Il y avait peut-être trente personnes à la soirée.|パーティーには30人ほど集まった.

➎ ⸨文末に置いて皮肉に,また挑発的に⸩ そうなのかね,きっとそうだろう.

Tu ne m'en crois pas capable, peut-être?|私にそんなことできないと思っているんだな,そうだろう.

Peut-être bien que oui, peut-être bien que non.

そうとも言えるし,そうでないとも言える.

出典 プログレッシブ 仏和辞典 第2版プログレッシブ 仏和辞典 第2版について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android