ぱちぱち

日本語の解説|ぱちぱちとは

プログレッシブ和英中辞典(第4版)の解説

ぱちぱち

❶〔燃えたりはじけたりする音〕pop-pop, snap-snap(▼擬音語)

火がぱちぱちと燃えていた
The fire was crackling.

電線からぱちぱちと火花が散った
A shower of sparks shot from the electric wire.

熱い油に水がとんだらぱちぱちとはねた
When the water splashed on the hot oil it spattered.

いり豆がぱちぱちはねた
The beans crackled and popped as I parched them.

❷〔拍手・そろばんなどの音〕clap-clap(▼擬音語)

聴衆は盛んにぱちぱちと手をたたいた
The audience clapped long and hard.

そろばんをぱちぱちはじく
click the beads of an abacus

❸〔続けてする様子〕

報道陣は彼に向かって写真をぱちぱち撮った
The reporters clicked their shutters at him again and again.

❹〔まばたきする様子〕

涙を払おうとして目をぱちぱちさせた
She blinked to drive away her tears.

出典 小学館「プログレッシブ和英中辞典(第4版)」プログレッシブ和英中辞典(第4版)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android