コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶらぶら

1件 の用語解説(ぶらぶらの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ぶらぶら【ぶらぶら】

1 〔ぶら下がって揺れ動く様子〕
  • ふじの花が風にぶらぶら揺れていた
    The wisteria blossoms were swaying in the breeze.
  • 腕をぶらぶらさせて歩いて行った
    He walked away with his arms dangling (at his sides).
2 〔ぶらつく様子〕⇒ぶらつく
  • その辺をぶらぶら歩いてきたらどうですか
    How about going out for a little stroll?
  • 渋谷をぶらぶらしながら画廊を探した
    I looked for an art gallery while (I was) wandering around Shibuya.
  • ぶらぶら歩いていたら彼に出くわした
    I 「came across [ran into] him while rambling.
  • 老人はぶらぶらと歩いた
    The old man strolled along 「at a leisurely pace [aimlessly].
3 〔怠けて過ごす様子〕
  • 彼はぶらぶら暮らしている
    He is idling his life [time] away./He is leading an idle life.
  • 目下,仕事がなくてぶらぶらしています
    I am unemployed [jobless] at the moment.
4 〔病気が長引く様子〕
  • 母はまだぶらぶらしています
    My mother hasn't quite recovered yet.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone