コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不気味

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ぶきみ【不気味】

不気味な|weird; 〔幽霊などを暗示させる〕eerie; 〔不吉な〕ominous; 〔不可解な〕uncanny; 〔この世のものでない〕unearthly
  • 不気味な音[笑い声/夜]
    「an eerie [a weird] sound [laugh/night]
  • そこは不気味なところだった
    The place looked ominous.
  • 不気味な叫び声
    an unearthly shriek
  • 辺りは不気味に静まり返っていた
    Everything was ominously still and silent.
  • 彼の勘は不気味なほどさえていた
    He had an uncanny sixth sense.
  • いつも笑わない彼がにたにたしてるとなんとも不気味だった
    His grin made me shudder, for I had never seen him smile.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android