コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不遇

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ふぐう【不遇】

〔世に知られないこと〕obscurity; 〔不幸せ〕misfortune
不遇の|obscure; unfortunate
  • 不遇をかこつ
    lament [bemoan] one's ill fate
  • 不遇時代が長かった
    His days of obscurity lasted long.
  • 一生不遇で終わった
    He lived his entire life with no chance to rise in the world.
  • 40代は不遇の地位にあった
    He was in an obscure position during his forties.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android