コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不遇 フグウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ぐう【不遇】

[名・形動]才能を持ちながらもめぐりあわせが悪くて世間に認められないこと。また、そのさま。「不遇をかこつ」「不遇な(の)晩年を送る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふぐう【不遇】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
才能・能力がありながら運が悪くて世に認められない・こと(さま)。 「 -をかこつ」 「 -な一生を送る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不遇の関連キーワード尺蠖の屈めるは伸びんがため天を怨みず人を尤めずショーペンハウアー談洲楼燕枝(3世)埋もれ木に花が咲く市川団蔵(7世)轗軻・坎坷・坎軻日の目を見る朽ち木・朽木ボーブナルグ情けを掛ける無聊を託つ拾い上げるベルナール藤原明衡ワイルド九条道家石川勾当亀井南冥観世元雅

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不遇の関連情報