コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余地

1件 の用語解説(余地の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

よち【余地】

I 〔残された場所〕room ((for))
  • うちの敷地にはもう1軒家を建てるだけの余地がある
    There is just enough space on our land to build one more house.
  • 講演会場は立錐りっすいの余地もなかった
    The lecture hall was packed to overflowing.
II 〔活動・思考などの〕
  • この企画では私の活躍の余地が十分にある
    This project provides ample room [scope] for me to play an active role.
  • 改善の余地
    room for improvement
  • 彼の行動が犯罪であることは証拠により疑う余地がない
    The evidence 「leaves no room for [((文)) admits of no] doubt about the criminal nature of his activities.
  • 全く弁解の余地がありません
    There is no excuse whatsoever.
  • この点については検討の余地がある
    The point in question is open to further discussion.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone