コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余地 ヨチ

デジタル大辞泉の解説

よ‐ち【余地】

余っている土地。あいている場所。「満員で立錐(りっすい)の余地がない」
物事をさらに行いうるゆとり。余裕。「再考の余地を残しておく」「同情の余地はない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よち【余地】

余っている土地。あいた土地。あき地。 「増築する-がない」 「立錐りつすいの-もない」
事をなしたり考えたりすることができるだけのゆとり。余裕。 「弁解の-がない」 「疑いをさしはさむ-もない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

余地の関連キーワード機関銃のように捲し立てる針を立つる土地無し押しも押されもせぬ四壁引き・四壁引言い開き・言開き争うべからざる錐を立つべき地限り限り決着一言もない避り所無し四壁引き強腰外交情状酌量疑い無い矛盾概念文句無し立錐の地掌を指す駁する入百姓

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余地の関連情報