余地(読み)ヨチ

デジタル大辞泉の解説

余っている土地。あいている場所。「満員で立錐(りっすい)の余地がない」
物事をさらに行いうるゆとり。余裕。「再考の余地を残しておく」「同情の余地はない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

余っている土地。あいた土地。あき地。 増築する-がない 立錐りつすいの-もない
事をなしたり考えたりすることができるだけのゆとり。余裕。 弁解の-がない 疑いをさしはさむ-もない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 余っている土地。余分の場所。また、あいている所。
※菅家文草(900頃)一一・為平子内親王先妣藤原氏周忌法会願文「聊占余地、修堂構
※史記抄(1477)一八「十一月と云下に余地がなさに、細字にかいたぞ」 〔列子‐湯問〕
② 余っている部分。ゆとり。余裕。また、物事を考えたり行なったりする機会。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「さればこそ、許多の著作を成就して綽然として余地ありしなれ」
※真空地帯(1952)〈野間宏〉四「従って被告の反逆については疑問の余地なく国法に基き死刑を宣告する」 〔荘子‐養生主〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余地の関連情報