コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余地 ヨチ

デジタル大辞泉の解説

よ‐ち【余地】

余っている土地。あいている場所。「満員で立錐(りっすい)の余地がない」
物事をさらに行いうるゆとり。余裕。「再考の余地を残しておく」「同情の余地はない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よち【余地】

余っている土地。あいた土地。あき地。 「増築する-がない」 「立錐りつすいの-もない」
事をなしたり考えたりすることができるだけのゆとり。余裕。 「弁解の-がない」 「疑いをさしはさむ-もない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

余地の関連キーワード機関銃のように捲し立てる火を見るよりも明らか押しも押されもせぬ針を立つる土地無し四壁引き・四壁引言い開き・言開き争うべからざる錐を立つべき地限り限り決着一言もない避り所無し疑い無い情状酌量強腰外交矛盾概念立錐の地掌を指す文句無し裁量行為四壁引き

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余地の関連情報