コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内股

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

うちまた【内×股】

1 〔ももの内側〕the inside [inner side] of the thigh
2 〔歩き方〕
  • 彼女は内股に歩く癖がある
    She tends to walk pigeon-toed [with her toes pointed inward].
3 〔柔道で〕
  • 相手を内股にかけた
    He 「threw down [toppled] his opponent by uchimata [putting his leg between his opponent's legs and tripping him].
内股膏薬こうやく|a timeserver
  • 彼は内股膏薬だ
    He jumps whichever way the wind is blowing.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android