内股(読み)ウチマタ

デジタル大辞泉の解説

うち‐また【内股】

足のももの内側。うちもも。
つま先を内側に向けて歩く歩き方。⇔外股
柔道で、一方の足を相手の内股に掛けて大きく払い上げて投げる技。

うち‐もも【内股/内×腿】

ももの内側うちまた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちまた【内股】

ふとももの内側。ひざから上の足の内側。うちもも。
歩くとき両足の爪先つまさきを内側に向ける歩き方。 ⇔ 外股 「 -に歩く」
柔道の技の名。足を相手の内股にかけて投げる足技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐また【内股】

〘名〙
① またの内側。足の、つけ根からひざまでの部分の内側。うちもも
温故知新書(1484)「胯 ウチマタ」
浄瑠璃・摂州渡辺橋供養(1748)五「内股な我胸中」
③ 足先を内側に向けて歩く歩き方で、女らしいとされる。うちわ。⇔外股
④ 柔道の技の一つ。投げ技のうち、足技に属するもの。双方が組んだ場合、相手の両足の間に自分の足を入れ、相手の内股を大きく払い上げ、体をねじって投げる技。
⑤ 空手の技の一つで、ひざがしらで相手の股の内側を打つもの。

うつ‐もも【内股】

〘名〙 =うちもも(内股)〔一字頂輪王儀軌音義(800頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内股の関連情報