コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冴える

1件 の用語解説(冴えるの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

さえる【×冴える】

I
1 〔光・色・音などが〕be clear
  • 冴えた音
    a clear sound
  • 冴えた色
    a bright [clearvivid] color
  • 冴えない色
    a dull [somber] color
  • 冴えた星空
    a clear, starry sky
2 〔非常に寒い〕
  • 冴えた冬の夜
    a bitterly cold winter night
3 〔わざがあざやかである〕
  • 冴えた腕
    mature [masterly/((文))consummate] skill (▼matureは「熟達した」,masterlyは「名人芸の」,consummateは「完全なまでに腕のいい」)
  • 腕の冴えた大工
    a skilled carpenter
  • 最近あの作家の筆はますます冴えてきた
    The writer has grown all the more masterful [accomplished] recently.
II
1 〔頭がよく働く〕
  • 頭が冴えている
    have a clear head
  • 今日はなかなか (頭が) 冴えているね
    ((口)) You're really sharp [on the ball] today!
  • ゆうべは目が冴えて眠れなかった
    I was wide awake all night last night.
2 〔気分がすっきりする〕
  • 今日は冴えない顔付きをしているね
    You look depressed today.
  • 気分が冴えない
    ((口)) I feel really down.
  • 彼は実に冴えない男だ
    He is a real dolt.
  • パスポートをなくすなんて全く冴えない話なんだ
    How stupid of me [What bad luck] to lose my passport!

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone