コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冴える/冱える サエル

デジタル大辞泉の解説

さ・える【×冴える/×冱える】

[動ア下一][文]さ・ゆ[ヤ下二]
寒さが厳しくなる。しんしんと冷え込む。「―・えた冬の夜」 冬》「―・ゆる夜の瓦(かはら)音ある礫(こいし)かな/碧梧桐
くっきりと澄む。はっきりと見える。「冬の夜空に星が―・える」
楽器の音などが、濁りがなく鮮明である。「―・えたバイオリンの音色」
色が鮮やかである。顔色や表情についてもいう。「―・えたピンク」「顔色が―・えない」
頭の働きやからだの調子などがはっきりする。「今日は頭が―・えている」「目が―・えて眠れない」「気分が―・えない」
腕まえや手際などが鮮やかで優れている。「腕の―・えた職人」「包丁さばきが―・える」
(多く打消しの語を伴って)ぱっとしない。満足できない。「景気の先行きがいまひとつ―・えない」「―・えないかっこう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

冴える/冱えるの関連キーワードセトクレアセア冴え冴えて桐島洋子村上華岳冴えない目・眼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android