冴える(読み)サエル

デジタル大辞泉「冴える」の解説

さ・える【×冴える/×冱える】

[動ア下一][文]さ・ゆ[ヤ下二]
寒さが厳しくなる。しんしんと冷え込む。「―・えた冬の夜」 冬》「―・ゆる夜のかはら音あるこいしかな/碧梧桐
くっきりと澄む。はっきりと見える。「冬の夜空に星が―・える」
楽器の音などが、濁りがなく鮮明である。「―・えたバイオリン音色
色が鮮やかである。顔色や表情についてもいう。「―・えたピンク」「顔色が―・えない」
頭の働きやからだの調子などがはっきりする。「今日は頭が―・えている」「目が―・えて眠れない」「気分が―・えない」
腕まえや手際などが鮮やかで優れている。「腕の―・えた職人」「包丁さばきが―・える」
(多く打消しの語を伴って)ぱっとしない。満足できない。「景気先行きがいまひとつ―・えない」「―・えないかっこう」
[類語](2澄む澄みきる冴え渡る冴え返る澄み渡る透き通る澄ます清澄透徹/(6絶妙上手素晴らしい巧みうまい巧妙老巧達者器用賢い素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる水際立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android