コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冴える/冱える サエル

1件 の用語解説(冴える/冱えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さ・える【×冴える/×冱える】

[動ア下一][文]さ・ゆ[ヤ下二]
寒さが厳しくなる。しんしんと冷え込む。「―・えた冬の夜」 冬》「―・ゆる夜の瓦(かはら)音ある礫(こいし)かな/碧梧桐
くっきりと澄む。はっきりと見える。「冬の夜空に星が―・える」
楽器の音などが、濁りがなく鮮明である。「―・えたバイオリンの音色」
色が鮮やかである。顔色や表情についてもいう。「―・えたピンク」「顔色が―・えない」
頭の働きやからだの調子などがはっきりする。「今日は頭が―・えている」「目が―・えて眠れない」「気分が―・えない」
腕まえや手際などが鮮やかで優れている。「腕の―・えた職人」「包丁さばきが―・える」
(多く打消しの語を伴って)ぱっとしない。満足できない。「景気の先行きがいまひとつ―・えない」「―・えないかっこう

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冴える/冱えるの関連キーワード癒える饐える生える見覚える身悶える芽生える掻き消える崩える増える吠える

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone