コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出過ぎる

1件 の用語解説(出過ぎるの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ですぎる【出過ぎる】

I 〔適当な程度を越える〕
  • 枝が少し出過ぎている
    The branch sticks out a little too far.
  • 紅茶が出過ぎた
    The tea is too strong.
II 〔出しゃばる〕
  • 君がそんなことをするのは出過ぎている
    It would be too presumptuous [((口))pushy] of you to do such a thing.
  • 出過ぎたまねをするな
    Mind your own business.
  • 出過ぎた態度をとるので嫌われている
    He is disliked for his pushiness [((文))obtrusiveness].
  • 出過ぎたことを申しますが暗くならないうちにお出掛けになったほうが
    If I may make a suggestion─hadn't you better leave before it gets dark?

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone