コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名残り

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

なごり【名残り】

1 〔後に残るもの〕remains ((of))
  • 地面には冬の名残りの雪がうっすらとあった
    The ground was covered with a thin layer of snow, the last remains [remnanttrace] of winter.
  • 長い石塀べいが昔の名残りをとどめているだけだった
    A long stone wall was the only vestige of ancient times.
  • この町には戦前の名残りは何もない
    Nothing remains of the prewar days in this town.
2 〔惜別の気持ち〕the sorrow of parting
  • 名残り惜しいが,もうおいとまします
    Though I hate to go [leave you], I must say good-bye now.
  • これが最後と思えば名残りは尽きなかった
    I was heartbroken to think that after this parting I would never see her again.
  • 名残り惜しげに何度も振り返りながら帰っていった
    She went her way, looking back wistfully again and again.
3 〔別れ〕a farewell
  • 名残りの酒宴
    a farewell banquet
  • この世の名残りに自叙伝を書いておきたい
    I'd like to write my autobiography before I die.
名残りの月
1 〔残月〕the morning moon
2 〔陰暦9月13日の月〕the moon on the thirteenth night of the ninth month of the lunar calendar

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android