コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咎める

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

とがめる【×咎める】

1 〔責める〕blame ((for)),((文)) censure ((for)); 〔あら探しをする〕find fault ((with)); 〔たしなめる〕reproach ((for)); 〔しかる〕rebuke ((for))
  • 教師は彼の怠慢をとがめた
    The teacher reproached [censuredrebuked] him for being lazy.
  • 彼は無断欠勤をとがめられた
    He was taken to task for being absent without permission.
  • いつも人をとがめてばかりいる
    He is always finding fault with people.
  • 些細ささいなミスをとがめるな
    ((口)) Don't 「pick on [jump all over] people for little mistakes.
2 〔反省して心が痛む〕
  • 彼に黙っていたので気がとがめた
    I feltguilty for [qualms about] having kept it from him.
  • 彼はそのことで気がとがめているらしい
    He seems to have a bad conscience about it.
3 〔怪しんで聞く〕
  • 夜半過ぎに交番の前を通ったら巡査にとがめられた
    A policeman stopped me for questioning when I passed the police box after midnight.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android