コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咎める トガメル

デジタル大辞泉の解説

とが・める【×咎める】

[動マ下一][文]とが・む[マ下二]
悪いことをしたと心を痛める。「気が―・める」「良心が―・める」
傷やはれものをいじって悪くする。また、悪くなる。「膿(う)んで傷が―・める」
過ちや罪・欠点などを取り上げて責める。非難する。「過失を―・める」
怪しんで問いただす。「挙動不審で警官に―・められる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とがめる【咎める】

( 動下一 ) [文] マ下二 とが・む 〔「咎」の動詞化〕
(他動詞)
悪いこと・望ましくないこととして、注意したり責めたりする。なじる。非難する。 「他人の失敗を-・める」
怪しく思って尋ねる。 「警官が通行人を-・める」
囲碁・将棋で、相手の緩手や悪手に乗じて攻める。
心をとめる。注意する。 「たたけどもたたけども-・むる人もなかりけり/平家 6
(自動詞)
悪いことをしたと思って心苦しくなる。 「気が-・める」 「良心が-・める」
傷や腫れ物などを刺激して、いっそう悪くなる。 「傷ガ-・メル/ヘボン」 → 責める(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

咎めるの関連キーワード羽田八代足近い平らか鐺咎め

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

咎めるの関連情報