コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屁っ放り腰

1件 の用語解説(屁っ放り腰の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

へっぴりごし【×屁っ放り腰】

I 〔頼り無い腰つき〕
  • そんなへっぴり腰ではボールは飛ばないよ〔野球・ゴルフなどで〕
    The ball won't go far if you hit it with your rear stuck out like that.
II 〔自信がないこと〕
  • 「それはできない」と彼はへっぴり腰で言った
    “I can't do that,” he stammered, 「backing away [one eye on the door].
  • みみずが大嫌いなのでいつもへっぴり腰で雑草取りをする
    She hates earthworms, so when she weeds she always looks like she is ready to flee.
  • 市長はへっぴり腰で答弁した
    The mayor answered irresolutely [without confidence].

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone