コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巧み

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

たくみ【巧み】

巧みな|〔熟練した〕skillful,((英)) skilful; 〔上手な〕good; 〔工夫をこらした,巧妙な〕ingenious
  • ダンス[物まね]が非常に巧みである
    He is very good at dancing [mimicry]./He is a very good dancer [mimic].
  • 彼女は手先の仕事が巧みだ
    She is very dexterous [clever with her hands].
  • 巧みなからくりを見抜けなかった
    I was unable to see through the clever trick.
  • 大臣は巧みな答弁で厄介な質問をかわした
    The minister evaded the embarrassing question with an adroit reply.
  • 彼は巧みにその場を取り繕った
    He adroitly 「glossed things over [patched things up] for the moment.
  • それは驚くほど巧みに作ってあった
    It was made 「very cleverly [with wonderful skill].
  • それは巧みに仕組まれたわなだった
    It was an ingeniously set trap.
  • 彼は巧みに3か国語をあやつる
    He speaks three languages fluently.
  • 巧みに社長に取り入った
    He wormed himself [his way] into the confidence of the president.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android