コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巧み/工/匠 タクミ

デジタル大辞泉の解説

たくみ【巧み/工/匠】

《動詞「巧む」の連用形から》
[名]
細工師・大工など、手先や道具を使って物を作る職人。工匠。「飛騨の―」
技巧や意匠。「―を凝らす」
美しいものを作りだすわざやはたらき。
「霊妙不可思議な自然の―」〈里見弴多情仏心
はかりごと。くわだて。たくらみ。
「我(おれ)も男児(をとこ)なりや汚い―を腹には持たぬ」〈露伴五重塔
[形動][文][ナリ](巧み)物事を手際よく、じょうずに成し遂げるさま。「―に難関を切り抜ける」「馬を操るのが―な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

巧み/工/匠の関連キーワード世辞で丸めて浮気で捏ねる鞍上人無く鞍下馬無しベストドレッサー美言は信ならず一溜まりもないコーナーワーク鼻薬を嗅がせるジャグリング口車に乗せる言葉を飾る﨟劫を経る言い得て妙興言利口蘇張の弁筆の運び財政家筆遣い策略家世事者処世術

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android