巧み(読み)タクミ

デジタル大辞泉「巧み」の解説

たくみ【巧み/工/匠】

《動詞「巧む」の連用形から》
[名]
細工師・大工など、手先や道具を使って物を作る職人。工匠。「飛騨の—」
技巧意匠。「—を凝らす」
美しいものを作りだすわざやはたらき。
「霊妙不可思議な自然の—」〈里見弴多情仏心
はかりごと。くわだて。たくらみ。
おれ男児をとこなりや汚い—を腹には持たぬ」〈露伴五重塔
[形動][文][ナリ](巧み)物事を手際よく、じょうずに成し遂げるさま。「—に難関を切り抜ける」「馬を操るのが—な人」
[類語]上手うまい巧妙絶妙老巧賢い達者器用得手素晴らしい素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つ敏腕辣腕特技専売特許得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物堪能巧者得手物多才潰しが利くくする腕が立つ腕利き腕こき腕っこき手練てだれ手利き名人達人名手妙手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティープロ専門家スペシャリスト玄人くろうと本職ゼネラリストセミプロプロフェッショナル達者腕達者仕事師遣り手素人しろうと離れ玄人はだし神業かみわざベテランソムリエスキルドワーカーマイスタープロパー巧手怪腕凄腕腕達者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android