巧み/工/匠(読み)タクミ

デジタル大辞泉の解説

たくみ【巧み/工/匠】

《動詞「巧む」の連用形から》
[名]
細工師・大工など、手先や道具を使って物を作る職人。工匠。「飛騨の―」
技巧や意匠。「―を凝らす」
美しいものを作りだすわざやはたらき。
「霊妙不可思議な自然の―」〈里見弴多情仏心
はかりごと。くわだて。たくらみ。
「我(おれ)も男児(をとこ)なりや汚い―を腹には持たぬ」〈露伴五重塔
[形動][文][ナリ](巧み)物事を手際よく、じょうずに成し遂げるさま。「―に難関を切り抜ける」「馬を操るのが―な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android