コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念頭

1件 の用語解説(念頭の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

ねんとう【念頭】

  • その教えをいつも念頭に置いていた
    He always kept [bore] that teaching in mind.
  • 自分の立場を念頭に置いたらそんなことはできないはずだ
    If you consider [think of] your position, you will see that you cannot do such a thing.
  • その時,困ったら電話をしろと言った彼の言葉が念頭に浮かんだ
    Then I remembered that he had told me to phone him in case I needed help.
  • 夫の安否がまず念頭に浮かんだ
    Her first thought was for [of] her husband's safety.
  • 母親の心配などまるで念頭になかった
    He gave no heed [thought] to his mother's anxiety.
  • 彼女のことがいつまでも念頭を去らなかった
    The memory of her never left my mind.
  • その奇妙な出来事を念頭から追い払おうとしても無駄だった
    I tried to dismiss the strange happening from my mind, but in vain.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone