念頭(読み)ネントウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ねん‐とう【念頭】

〘名〙 こころの中。かんがえの内。心頭。心中。胸中
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「一たび其境界に至た者は、念頭(トウ)を動ぜん事ない、念頭を動せば、一つな事を知ぬ者ぞ」
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉中「自ら念頭を去らざる痛苦をも其間に忘るるを得べく」 〔伝習録‐中〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念頭の関連情報