念頭(読み)ねんとう

精選版 日本国語大辞典「念頭」の解説

ねん‐とう【念頭】

〘名〙 こころの中。かんがえの内。心頭中。胸中
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「一たび其境界に至た者は、(トウ)を動ぜん事ない、念頭を動せば、一つな事を知ぬ者ぞ」
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉中「自ら念頭を去らざる痛苦をも其間に忘るるを得べく」 〔伝習録‐中〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android