コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敢えて

1件 の用語解説(敢えての意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

あえて【敢えて】

1 〔無理と知って,強いて〕
  • 負けると知っていたが,あえて彼に挑戦した
    I knew I would lose, but I went ahead and challenged him to a game anyway.
  • あえて論評するほどのことではない
    I would not bother [take the trouble] to comment on it./It's not worth commenting on.
  • あえて挙げれば勤勉が彼の取り柄です
    If I must find something good to say about him, I'd mention his diligence.
  • 被害者はあえて訴訟に持ち込む構えであった
    The victim appeared ready to take the matter to court.
2 〔別に,少しも〕
  • あえて反対はしない
    I have no particular objection to it.
  • 彼は天才であると言ってもあえて過言ではない
    「We may safely [It is no exaggeration to] call him a genius.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone