コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敢えて アエテ

デジタル大辞泉の解説

あえ‐て〔あへ‐〕【敢えて】

[副]《動詞「あ(敢)う」の連用形+接続助詞「て」から》
やりにくいことを押しきってするさま。無理に。「言いにくいことを敢えて言おう」
(あとに打消しの語を伴って)
㋐特に取り立てるほどの状態ではないことを表す。必ずしも。「敢えて驚くにはあたらない」
㋑打消しを強める。少しも。全く。
「―然(そ)うで無いです」〈鏡花・日本橋〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あえて【敢えて】

( 副 )
(しなくてもよいことを)困難や抵抗を押して意図的に行うさま。わざわざ。無理に。 「 -危険をおかす」 「 -苦言を呈する」
〔漢文訓読に由来する語法〕 (下に打ち消しの語を伴って)
とりたててそうする必要のないさま。特に。別に。 「 -驚くに足りない」
まったく。少しも。 「 -凶事なかりけるとなん/徒然 206

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

敢えての関連キーワード三鉱連企業整備反対闘争未経験者採用未経験採用筆を曲げるジェ・オゼ島田修二板倉重昌井川櫻子打消し妄誕連闘敢ふ捍言

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敢えての関連情報