敢えて(読み)アエテ

デジタル大辞泉「敢えて」の解説

あえ‐て〔あへ‐〕【敢えて】

[副]《動詞「あ(敢)う」の連用形+接続助詞「て」から》
やりにくいことを押しきってするさま。無理に。「言いにくいことを敢えて言おう」
(あとに打消しの語を伴って)
㋐特に取り立てるほどの状態ではないことを表す。必ずしも。「敢えて驚くにはあたらない」
㋑打消しを強める。少しも。全く。
「—うで無いです」〈鏡花・日本橋〉
[類語]努めてできるだけ極力なるたけなるべく可及的必ずきっと絶対是非何としてもどうしても何が何でも是が非でもどうぞどうかくれぐれも願わくはなにとぞなんとかまげてひとつ必ずや必然必定必至不可避誓っててっきり違いないはず決まってすなわち否が応でも否でも応でもいやでもいやとも是非とも強いて押してたってむりやり無理故意わざと殊更作意作為意識的意図的計画的作為的未必の故意積極的能動的自発的わざわざ殊の外殊に好んでわざとらしいこと新しいせっかくとりわけ平になにぶんしんからこころから衷心返す返すとくととっくり重ね重ね

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android