望み

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

のぞみ【望み】

1 〔願望〕a wish ((for, to do)); 〔強い願望〕a desire ((for, to do))
  • 望みがかなった
    His wish was fulfilled [granted].
  • 望みをかなえる
    grant a person's wish
  • 彼女には金持ちと結婚したいという望みがあった
    She wanted [((文)) cherished a desire] to marry a rich man.
  • すべて彼の望み通りいった
    Everything turned out as he wished [desired].
  • 望みが大きすぎる
    You are too ambitious./You are aiming too high.
  • お望みのものを何でもお取りください
    Please take anything you like [wishwant].
  • 肉を食べようと,魚を食べようとお望み次第です
    You may have meat or fish, as you like.
2 〔期待〕(a) hope ((of, that)); 〔予期〕expectations
  • 息子に望みをかけていた
    He placed [pinned] his hopes on his son.
  • 望みに反して叔母は遺産を遠縁の者に残した
    Contrary to his expectations, his aunt left her property to a distant relative.
  • 逃げられるという望みを最後まで捨ててはいけない
    Never give up hope that you may be able to escape.
  • 彼らの生存の望みはあまりない
    There is 「little possibility [not much hope] of their being alive.
  • そのエラーで彼らが勝つ望みは薄くなった
    That error dimmed the prospects of their winning.
3 〔人望〕popularity
  • 級友の望みを一身に集めている
    He is the most popular among his classmates.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android