コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望み ノゾミ

3件 の用語解説(望みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぞみ【望み】

そうなればよい、そうしたいと思うこと。願い。希望。「望みが大きい」「長年の望みがかなう」
望ましい結果を得る可能性。よいほうに進みそうな見込み。「助かる望みはない」「一縷(いちる)の望みがある」
人望。名望。「江湖の望みを一身に集める」
ながめ。眺望。
「青波に―は絶えぬ」〈・一五二〇〉

のぞみ[列車・火星探査機]

東海道山陽新幹線で運行されている特別急行列車の愛称。平成4年(1992)に東海道新幹線で、翌年に山陽新幹線でも運行を開始。多くは東京・博多間を結び、「ひかり」「こだま」などより停車駅を減らして所要時間を短縮している。
平成10年(1998)7月に打ち上げられた日本初の火星探査機PLANET-B(プラネットビー)の愛称。宇宙科学研究所(現JAXA(ジャクサ))が開発。火星上層の大気や磁気圏の調査を目的として、計14種類の観測機器を搭載。電源系統の不具合が生じ、平成15年(2003)7月に通信が途絶。同年12月、火星周回軌道の投入を断念した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のぞみ【望み】

〔動詞「望む」の連用形から〕
そうしたい、そうありたいと思っている事柄。願い。希望。願望。 「 -がかなう」 「 -を達する」
将来よくなりそうな見込み。将来に寄せる期待。 「成功する-がない」 「子の将来に-をかけている」
人望。名望。 「天下の-を失う」
ながめ。眺望。 「思ふそら安けなくに嘆くそら安けなくに青波に-は絶えぬ/万葉集 1520
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

望みの関連キーワード理想言うなれば競争心然ればよ相思孝行のしたい時分に親はなし然うした確実視宗真太子屋宗高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

望みの関連情報