コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

架空

1件 の用語解説(架空の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

かくう【架空】

I 〔空中にかけた〕
架空の|aerial; 〔高架の〕overhead
II 〔空想の〕
架空の|imaginary; fictitious
  • 架空の人物
    「a fictitious [an imaginary] character
  • 架空の物語
    a fanciful [made-up] story
架空ケーブル|an overhead cable
架空索道|an aerial cableway
架空請求詐欺|billing fraud; a billing scam
架空装置|overhead equipment
架空電線|an overhead wire [line]
架空取引|a fictitious transaction
架空名義|a fictitious name; a dummy title
  • 架空名義で貯金する
    deposit money (in a bank) under a false name

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone