架空(読み)かくう

精選版 日本国語大辞典「架空」の解説

か‐くう【架空】

〘名〙
空中にかけわたすこと。〔唐太宗‐置酒坐飛閣詩〕
② (形動) 理由や根拠のないこと。事実ではなく想像によること。また、そのさま。
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「、小説の談趣向架空(カクウ)に出れども」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「そんな架空な事を宛にして心配するとは」 〔福恵全書‐蒞任部・攷代書〕
[語誌]漢籍典拠を持つが、明治維新後、西洋の文芸思想・理論の導入に伴い、文学の用語として使用されるようになった。坪内逍遙の「小説神髄」には「架空」のほか、「仮空」「虚空」といった用語も見られるが、後に定着普及したのは「架空」である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「架空」の解説

か‐くう【架空】

[名・形動]
空中に架け渡すこと。「架空ケーブル」
根拠のないこと。また、事実に基づかず、想像によってつくりあげること。また、そのさま。「架空の人物」
「そんな―な事を宛にして心配するとは」〈二葉亭浮雲
[類語]想像推測臆測おくそく仮想想見空想夢想幻想連想妄想幻覚こしらえ事作り事空事絵空事でっちあげイマジネーションファンタジーイリュージョン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android