架空(読み)カクウ

デジタル大辞泉の解説

か‐くう【架空】

[名・形動]
空中に架け渡すこと。「架空ケーブル」
根拠のないこと。また、事実に基づかず、想像によってつくりあげること。また、そのさま。「架空の人物」
「そんな―な事を宛にして心配するとは」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくう【架空】

( 名 ・形動 )
空中にかけわたすこと。 「 -電線」
事実に基づかず、想像によって作る・こと(さま)。 「 -の人物」 「 -な事を宛にして心配する/浮雲 四迷」 〔「仮空」と書くのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐くう【架空】

〘名〙
① 空中にかけわたすこと。〔唐太宗‐置酒坐飛閣詩〕
② (形動) 理由や根拠のないこと。事実ではなく想像によること。また、そのさま。
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「抑、小説の談趣向架空(カクウ)に出れども」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「そんな架空な事を宛にして心配するとは」 〔福恵全書‐蒞任部・攷代書
[語誌]漢籍典拠を持つが、明治維新後、西洋の文芸思想・理論の導入に伴い、文学の用語として使用されるようになった。坪内逍遙の「小説神髄」には「架空」のほか、「仮空」「虚空」といった用語も見られるが、後に定着普及したのは「架空」である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

架空の関連情報