コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染みる

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

しみる【染みる】

I
1 〔しみ通る〕soak ((into, through))
  • 寝汗がパジャマにしみた
    The sweat soaked my pajamas.
  • ソースが白いテーブルクロスにしみた
    The sauce sank into the white tablecloth.
  • シャツは汗のにおいが染みている
    The shirt smells of perspiration.
2 〔神経を刺激する〕
  • 身にしみる風
    a piercing wind
  • 身にしみる寒さ
    biting cold
  • この薬は傷口につけるとしみる
    This lotion smarts when it is put on a cut.
  • アイスクリームを食べると虫歯にしみる
    「My decayed tooth aches [I feel a sharp pain in my decayed tooth] when I eat ice cream.
  • 煙が目にしみた
    The smoke made my eyes sting.
II
1 〔感銘を受ける〕
  • ご親切が身にしみてうれしゅうございます
    I deeply appreciate your kindness.
  • 父母の心づかいがこれほど身にしみたことはない
    I have never before felt so grateful [thankful] to my parents for their loving concern.
  • 山の新緑が目にしみた
    The sight of the fresh green leaves of the mountains made a deep impression on me.
2 〔影響される〕
  • 悪習にしみる
    develop [get into] bad habits

-じみる【-染みる】

1 〔染み着く〕
  • 汗じみる
    become sweaty/become damp with sweat
  • 脂じみたズボン
    greasy trousers/trousers stained with grease
2 〔気味がある〕smack of; 〔らしく見える〕look like
  • 彼は年寄りじみている
    He looks like an old man.
  • 子供じみた行為はよせ
    「Don't act [Stop acting] like a child.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android