コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染みる/沁みる/浸みる/滲みる シミル

3件 の用語解説(染みる/沁みる/浸みる/滲みるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し・みる【染みる/×沁みる/浸みる/×滲みる】

[動マ上一][文]し・む[マ上二]
液体や気体が他の物に移りついて、次第に深く広がる。また、にじんで汚れる。しむ。「味が―・みる」「匂いが―・みる」「汗の―・みた下着」
液体や気体などの刺激を受けて痛みを感じる。しむ。「消毒薬が傷口に―・みる」「歯に―・みる」
心にしみじみと感じる。しむ。「親切が身に―・みる」
好ましくない気風の影響を受けて、その傾向をもつようになる。そまる。しむ。「悪習に―・みる」
[用法]しみる・にじむ――「血のしみた(にじんだ)手ぬぐい」「汗のしみた(にじんだ)シャツ」のように、濡れて広がる意では相通じて用いられる。◇「しみる」は液体・気体・におい・味や外部からの刺激などが、内部にまで入りこむことで、「煙が目にしみる」「寒さが身にしみる」「煮物は味がしみるのに時間がかかる」「心にしみる音楽」などという。◇「にじむ」は、その部分から周囲へ広がる、また、内部から表面に出てくる意で、「絵の具の色がにじむ」「落ちた涙で字がにじむ」「涙で街灯がにじんで見える」「涙がにじみ出る」などと用いる。
[下接句]肝に染みる骨に沁みる骨身に沁みる身に沁みる目に染みる

じ・みる【染みる】

[接尾]《動詞上一段型活用[文]じ・む(上二段型活用)》体言に付いて動詞をつくる。
それがしみついて汚くなる意を表す。「油―・みる」「垢(あか)―・みる」
そういうようす・状態に感じられるという意を表す。「世帯―・みる」「年寄り―・みる」
[補説]好ましくないことに言うことが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じみる【染みる】

( 接尾 )
〔動詞上一段活用[文]上二 
名詞に付く。
それがしみついて汚くなる意を表す。 「汗-・みる」 「あか-・みる」 「油-・みる」
いかにもそういう様子に感ぜられる、そういうふうに見えるという意を表す。 「所帯-・みる」 「年寄り-・みる」 「子供-・みる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone