コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰汁

1件 の用語解説(灰汁の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

あく【汁】

I 〔木炭を漉したアルカリ液〕lye; 〔野菜の〕a sharp [an acrid, a bitter] taste; an alkaline flavor; 〔肉などの〕scum
  • 肉汁のあくをすくう
    skim the broth
II 〔性質のしつこさ〕
  • 彼はあくが強い
    He is too tenacious [self-assertive/((口)) pushy]. (▼tenaciousは執ような,self-assertiveは自己主張が強い)/((口)) He comes on too strong.
  • 彼女の文章はあくが強い
    Her writing is 「highly idiosyncratic [very eccentric].
  • あくが抜ける
    become refined
灰汁抜き
  • 竹の子をゆでて灰汁抜きする
    boil bamboo shoots to remove the bitter [harsh] taste

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone