コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1件 の用語解説(無の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

む【無】

1 〔存在しないこと〕
  • そんな約束は無に等しい
    Such a promise means [counts for] practically nothing.
  • 無から有は生じない
    ((諺)) Nothing comes of nothing.
  • 一切は無だ
    All is vanity. (▼聖書の言葉)
2 〔むだ〕
  • せっかくの努力が無に帰した
    All my efforts 「came to nothing [went for nothing/were wasted].
  • ちょっとした誤算で計画は無に帰してしまった
    A slight miscalculation brought the scheme to naught.
  • それを断れば,彼の好意を無にすることになる
    To refuse would be to make nothing [light] of his kindness.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone