コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛打

1件 の用語解説(痛打の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

つうだ【痛打】

I
1 〔肉体的打撃〕
痛打する|deliver a hard [telling] blow ((to)); hit ((a person)) hard ((on the jaw; in the stomach))
2 〔野球で〕
  • 彼はフルカウントからの投球を痛打して20号ホーマーを放った
    He socked a 3-2 pitch for his twentieth homer.
  • 新人のピッチャーは痛打を浴びた
    The rookie pitcher was hit hard.
II 〔衝撃〕
  • 石油ショックの痛打を受けて彼の会社は倒産した
    His company went down under the crushing blow of the oil crisis.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone