痛打(読み)ツウダ

デジタル大辞泉の解説

つう‐だ【痛打】

[名](スル)
相手に精神的、肉体的に痛手となる打撃を与えること。また、その打撃。「相手の弱点を痛打する」
野球で、鋭い一打を放つこと。また、その打撃。「救援投手が痛打を浴びる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうだ【痛打】

( 名 ) スル
強く打つこと。また、相手を打ちのめすような強い打撃。 「顔面を-する」
野球で、痛烈な一打を放つこと。 「 -を浴びせる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つう‐だ【痛打】

〘名〙
相手に肉体的、精神的に激しいショックを与える打撃。また、そのような撃を与えること。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉八「守兵の突出は必ずや独軍に向って大痛打(ツウダ)を与へたに違ひない」
野球で、痛烈な一打を放つこと。また、その打撃。
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉平凡な大投手「痛打(ツウダ)を蒙って敗れたけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痛打の関連情報