コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認識

1件 の用語解説(認識の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

にんしき【認識】

〔気付くこと〕awareness; 〔認めること〕recognition; 〔理解〕understanding
認識する|become aware ((of)); recognize; understand
  • この問題の重要性はまだ十分に認識されていない
    The importance of this problem has not yet been fully recognized.
  • この件について一般大衆の認識を深めなければならない
    It is necessary to lead the public to a better understanding of this matter.
  • 君はまだ認識が浅い
    You still have only a superficial understanding of it.
  • その人たちに対する認識を改める必要がある
    We have to look at those people in a new light.
  • この点について日米間に認識の差がある
    There's a perception gap between Japan and the U.S. on this point.
認識票|〔軍人の〕an identification tag; ((米口))one's dog tags
認識不足
  • 認識不足からとんだ誤りをした
    He made a great mistake from a lack of understanding [knowledge].
  • 私の認識不足だった
    I lacked proper understanding of it.
認識論|epistemology

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone