コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謗り

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

そしり【×謗り】

criticism; ((文)) censure
  • 彼はあんな馬鹿なまねをして世の謗りを招いた
    By doing such a stupid thing, he 「incurred public censure [brought public criticism upon himself].
  • 彼は収賄の謗りを免れない
    He is open to the charge of taking bribes.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android