コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1件 の用語解説(顎の意味・用語解説を検索)

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

あご【顎】

1 〔人・動物の〕a jaw; 〔下あご〕a chin (jawは骨格を,chinは外見を指す)
  • 上[下]あご
    the upper [lower] jaw
  • 二重あご
    a double chin
  • 二重あごの
    double-chinned
  • 長いあご
    lantern jaws
  • 長いあごの
    lantern-jawed
  • あごをなでる
    rub [stroke] one's chin
  • あごを外す/あごが外れる
    dislocate one's jaw
  • あごを引く[突き出す]
    「draw in [stick out] one's chin
2 〔釣り針などの〕a barb
3 〔機械などの〕a jaw
  • 顎が落ちる
  • 料理はあごが落ちるほどおいしかった
    The food was 「lip-smacking good [really delicious].
  • 顎で使う
  • 彼は人をあごで使う
    He bosses people around./He barks orders at people.
  • 顎を出す
  • 仕事がきつくてあごを出した
    He wasworn out [((口))done in] by the hard work.
  • 顎をなでる
  • あごをなでながら笑った〔自慢げに〕
    He smiled complacently.
  • 顎を外す
  • あごを外して笑った
    We roared with laughter.

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:近藤いね子、高野フミ
編集委員:Mary E. Althaus、板橋好枝、一又民子、岩原明子、大束百合子、小林 ひろみ、天満美智子、古木宜志子
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone