コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あごjaw

翻訳|jaw

5件 の用語解説(顎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


あご
jaw

脊椎動物で上下の顎骨を中心につくられた部分。ヒト,類人猿では顔面に顎の占める部分は比較的小さい。下等脊椎動物哺乳類では顔面の大部分を占める。最下等の脊椎動物である魚類の無顎類 (ヤツメウナギホソヌタウナギなど) は,名前のごとく顎がない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あご【顎/×頤/×腭】

人など動物の口の上下にあり、下のほうが動いて、食物をかみ砕いたり声を出したりするのに役立つ器官。あぎ。あぎと。
下あご。おとがい。「―がとがった顔」「―ひげ」
釣り針の先に逆向きにつけた返しのこと。あぐ。
食事または食事の費用。「―付き」
「玉を落としたり―を引かれたりして見ねえ勘定迄に商内を仕詰めにゃあいかねえわな」〈洒・部屋三味線〉
物言い。おしゃべり。
「『たはごとぬかすとひっぱたくぞ』『えらい―ぢゃな』」〈滑・膝栗毛・五〉

がく【顎】

動物の口の器官の一部。あご。

がく【顎】[漢字項目]

常用漢字] [音]ガク(呉)(漢) [訓]あご
口の上下の部分。あご。「顎骨下顎上顎
[難読]顎門(あぎと)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

顎【あご】

脊椎(せきつい)動物で上顎と下顎からなり口腔を囲む部分。餌や外敵などをかみ砕いたり,かみついたりするために働く構造を持つ。上下の顎骨(がくこつ)のうち,上顎骨は頭蓋に固定されているが,下顎骨は左右の側頭骨に顎関節で連結,口の開閉等の運動を可能にする。
→関連項目顎関節症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

顎の関連情報